2018年12月8日土曜日

回らないで回る①

 運動中に身体を回すには、モーメント(回転力)が必要です。しかし、地面を蹴って回ると、時間がかかる上に、動きを読まれやすいので、できるだけ地面には頼りたくありません。そこで出てくるのが「回らないで回る」です。

 合気道などで多用される、前足を軸にして、くるっと回る動作を例にします。

 普通に考えると図1のような足の動きになりますね。
 これは、身体から離れたところにある重量を回転させるのと同じ。加速にも減速にも、足を踏ん張って地面から力を受ける必要があります。


 さて、足を回すには地面から力を受けることが必要ですが、重心に向かって引き寄せたり、逆に押し出したりする動きは、地面から力を受ける必要がありません。

 そこで、足を回すのでなく、後ろ足を引き寄せてから、目的方向へ送り出します。重りを引き寄せて、その勢いで反対側へ飛ばす感じです。モーメントは、両足が接近したところで作用するだけなので、最小ですみます。

 また、この方法では回転が終わったところで止める必要もありません。動作の最後には、両足が広がって遠くにある「重い」状態なので、アンカーになってくれるのです。

 動いた結果としては回っているのですが、円弧を通らないことで、回ることについて回るモーメントを最小にしているわけですね。

 回る方法については、他にもまだまだ書くことがあったりします。体幹部を回らずに回す方法、地面に頼らずモーメントを作る方法、縦のモーメント等々。 
 次回以降、のんびりと。 

2018年12月3日月曜日

古武術に欠かせない「モーメント」の理解

 このブログで、何回か出てきた「モーメント」。簡単に言うと「物体を回転させる力」です。

 この先も何度も出てくるので、ここでまとめて解説しようと思います。(正確には「力のモーメント」あるいは「トルク」ですが、以下、単にモーメントと書きます)。
 
・モーメントの基本は、テコの原理
 ダンボール箱を、箱の中心に向けて押すと動きます(移動)。箱の端を押すと、箱は回りますね(回転)。
 中心からズレた力は、物体を回転させるように作用します。この「回す力」が、モーメント。  

 モーメントは、力の大きさ(強さ)と、中心からの距離の掛け算で表されます。難しそうに聞こえますが、簡単に言ってしまえばシーソー(テコの原理)と同じです。

 シーソーで、大人と子供が遊ぶ時、子供を中心から遠いところに座らせると、釣り合いますね。

 子供のほうが軽いのですが、中心から遠いので、距離が重さを補います。
 遠いのと、重い(強い)のとは同じ効果がある。これがモーメントの基本的な性質です。

 例えば「相手より有利な関節技の力学」で書いたとおり、関節技などでは、自分が相手よりも大きな半径の円を描くことで、相手より弱い力でも技をかけることができます。

・遠いのと、重いのは同じ効果
 また、中心から遠いところにあるものは「動かしにくく、止めにくい」性質があります。重いものが動かしにくく、止めにくいのと同じです。

 抜刀の話で書きましたが、刀が大きな円を描くように抜くと、加速しにくく、取り回しにくくなります。これは、大回しによって、刀が重いのと同じ意味になるからです。
 回し蹴りも同じで、大きく回す蹴りは強力ですが、加速と減速が大変。
 
・矛盾を成り立たせるのが技術
 重要なことなので、もう一度書きますが、遠いのと重い(強い)のは同じ

 武術では、強力で、早く、遠いところに届きながら、取り回しがしやすい動作が理想です。しかしモーメントで考えると、これらの条件は、見事なまでに矛盾しているのです。
 そこで様々な方法で、この矛盾をどうにかしようというところに、技術があります。
 そうした技術について、次回。

2018年11月30日金曜日

「踏ん張らない」の意味②

 前回に引き続き 「踏ん張らない」の解説。
 今回は、動作のときに踏ん張らないことについて解説です。

 そもそも、どうして足を踏ん張るのでしょうか。それは、物理でいう「反作用」に備えるため。

 壁を押したら、自分の身体が後ろに動きますよね。何かを前に押せば、その分だけ自分が後ろに押される。これが反作用です。
 剣を振ったり、拳を突き出したする反作用で体が後ろに倒れるのを防ぐために、足を踏ん張って支えるのです。
 逆に言えば、その踏ん張りがあるからこそ、剣や拳に力を乗せられます。

 しかしメリットが有るものには、デメリットがあります。
 足を踏ん張って動作を支えている間、足から手までは筋肉の緊張でつながっている必要があります。身体は固まり、動きは制限されます。足も動かしにくくなります。
 また、少し慣れた人なら、その緊張を見るだけで動きを読むことができます。

 「踏ん張り」をゼロにすることは不可能ですが、できるだけ力の出入りを少なくし、デメリットを減らすのが「踏ん張らない」の意味です。

 では、どうしたら地面との関わりを少なくして、自由に動くことができるのか。その答えの一つが正中線であり、正中線を理解するための条件が「モーメント」です。
 ということで、次回はモーメントの話。

2018年11月29日木曜日

「踏ん張らない」の意味①

 最後は「踏ん張らない」です。
 踏ん張らないことには「地面を蹴って移動しない」と、「動作のときに踏ん張らない」という意味の2つがあるので、一つずつ説明します。
 まずは、「地面を蹴って移動しない」です。

 最初に断っておきますが、動くのに地面から力を受けることは必要です。足で地面を蹴ることに頼りすぎないという意味で考えて下さい。

 さて、剣道の打ち込みなど、後ろ足で床を蹴って飛び出すとします。
 この場合、身体がぐにゃぐにゃしていると床を蹴った力が逃げてしまうので、身体を固め、一つの塊として前に飛ばすことになります。

 この方法は、2つの意味で効率が悪いです。
 武術的な意味では、身体を固めることで、動き出しが読まれてしまうことです。また、全身が一塊になって動いていると、動きがシンプルになって予測しやすくなります。
 なるべく部分部分が違う速度で動いて、動きを読みにくくするほうが有利。

 もう一つ、物理的な意味では、足の負担が大きくなります。
 物理的には、重いものほど慣性(止まり続けようとする性質)が強くなります。身体を一つの塊として一気に加速するには、大きな力が必要になり、足の負担が大きくなるのです。治療家として言えば、このように足に頼りすぎて、膝を壊してしまう人が多いのが気にかかります。

 身体を前に進めるには、いくつもの方法があります。 
 剣道で言えば、剣を振り上げる反作用を前進に使えますね。
 他にも、前足を抜いて進む方法、全身を崩すように進める方法、左右の差し替えで一部を進める方法などがあります。足で蹴って移動することにとらわれると、そうしたバリエーションに気づきにくくなります。足で蹴って移動しない、というのは、そういう意味でとってもらえたらと思います。

 移動については以上ですが、実は「踏んばらない」で、重要なのは、もう一つの「動作のときに踏ん張らない」の方。次回は、その解説を。

2018年11月27日火曜日

「うねらない」の意味

 前回の「ねじらない」に引き続いて、今回は「うねらない」の話。

 うねりは、身体を波打たせるようにして、力を伝える方法です。 ねじりが身体の弾力を利用しているのに対して、重量と加速の連動を伝達に使っています。大きな力を運ぶ有効な方法です。
 体幹などの重い部分から、手先などの軽い部分に伝達することで速度が上がってゆくのもメリットです。
 デメリットは、速度と振動方向を持つという、波の性質そのもの。

 波の速度は速度は伝達物質によって一定です。例えば音なら秒速340メートルで、あとから出た音が、前の音を追い越すことはありません。波が発生した時点で、到達の時間が決まってしまいます。
 到達のタイミングが限定されるので、足や体幹で起こした力が拳に伝わる頃には、相手が移動していることもあるわけです。

 また、波の振動方向は、一度決まれば変えられません。刀を右から振り下ろすつもりで身体をうねらせたら、そこから左に変えることはできないのです。

 動き出したら止まらない。タイミングの難しさと、変化の難しさというデメリットがあるので、うねりは武術的に使いにくいのです。

 余談ですが…。
 この記事を書くために、久しぶりに身体をうねらせる使い方をしてみました。2,3回試したあと、もとに戻そうとしたら、一瞬、どう動いていいかわからなくなりかけました。
 うねりの動きは、本能的に身体に染み付いているものなのだと実感した次第です。

2018年11月24日土曜日

「ねじらない」の意味

 私が学んだ甲野先生の松聲館では、「ねじらない、うねらない、踏ん張らない」ことを重視していました。

 ねじる、うねる(身体を波打たせる)、踏ん張る。どれも、大きな力を出そうとするときに、つい使ってしまいがちな動きです。
 当時は、それを使わない理由をぼんやりとしか理解していませんでしたが、今になってみると、どれも遅くならない、動きを読まれないための心得だとわかります。

・「ねじらない」の意味
 ねじらないと言っても、常に身体をまっすぐにしているわけではありません。ここで言う「ねじり」は、バネのように、力を溜めているねじりを指します。

 ねじることによってタメをつくり、大きな力を出す。スポーツでは普通の話ですね。古武術でねじりを嫌うのは、時間差ができるからです。
 例えば、体幹をねじって動作するときには、下半身が先に動いて、上半身が遅れて動きますね。ねじりを見れば、そのあと上半身がどう動くかは、一見してわかります。パワーと引き換えに、時間の遅れと、動きの情報を相手に与えてしまうわけですね。

 また、こうして溜めた大きい力は、途中で変更が効きません。
 右拳を出すつもりで身体をねじったら、その力を左拳に使うわけにはいかないのです。剣術で、右から切り込む刀を、体捌きで左からの切り込みに変える技がありますが、こんな動作もねじって溜めた力では不可能。

 一般のスポーツでも、積極的にねじりを使っているのは、野球やテニスなどの離れて行う種目か、ゴルフのように自分のタイミングで動ける種目に限られます。
 武術の場合には、ねじりのメリットよりもデメリットの方が大きいので、ねじりを嫌うのです。

2018年11月20日火曜日

古流空手で回し蹴りを使わないわけ

 正確に言うと、全く使わないわけではありません。ただ、前蹴り・横蹴りに比べるとずいぶん影が薄いです。
 現代格闘技ではメジャーな回し蹴りが、伝統的な空手の型に、ほとんど出てこないのはなぜでしょうか?

・前蹴りと回し蹴りの違い

 一本足で立ち、片足を浮かせた状態から前蹴りをすることはできますね。でも、回し蹴りは難しくないですか? 
 これは、重心と足の移動方向の関係です。

 前蹴り・横蹴りは、重心から外へ向かいますので、体重を支えにして打ち出すことができます。引き戻すのも同様。

 それに対して、回し蹴りのベクトルは回転です。

 重心が支えになるのは、重心から遠ざかるか、近づく力だけ。大重量の足を加速するためには、地面を蹴って回転力を得る必要があります。
 また回転のエネルギーは、止めるにも地面の助けを借りる必要があります。足を地面につけている時間が長ければ、それだけ動けません。いわゆる「居付き」になるのです。

 威力はありますが、加速するにも
止めるにも手間取る、時と場合を選ぶ技なのです。

 現代格闘技では、一対一の戦いが基本なので、タイミングを選べば、大きな威力の攻撃として有効です。しかし、多数が相手の戦いを想定すると、居着く可能性のある技は使いにくかったのではないでしょうか。
 戦う環境が、技の構成に影響した結果だと考えられます。

回らないで回る①

 運動中に身体を回すには、モーメント(回転力)が必要です。しかし、地面を蹴って回ると、時間がかかる上に、動きを読まれやすいので、できるだけ地面には頼りたくありません。そこで出てくるのが「回らないで回る」です。  合気道などで多用される、前足を軸にして、くるっと回る動作を例にし...